ひとり会議

新しい意識をそっと伝えるブログ

いい人であることの違和感─吉本ばなな『「違うこと」をしないこと』

吉本ばななさんの『「違うこと」をしないこと』、よい本でした! 

『「違うこと」をしないこと』って言葉遊びのようだけど、

単純に言えば「自分に合うことしかしない」だけど、自分に合うことって分からない。

だから「違うこと」はしないってところがいい。

「違うこと」とは本書から抜き出すと

・違和感

・気を使うこと

・我慢すること

・感情を溜めちゃうこと

なのかな?

「なんとなくこの人嫌だな」とか「なんか今日の服は気に入らないな」って思うことありますよね?

「違うこと」は他人からしたらどうでもいい些細なこと。

だからこそ、大切なのだ。

今まで「違うこと」を相当無視してたように思う。

「しょうがない」「すぐ慣れるだろう」「みんなやってるし」とか言い訳をして。

 

「違うこと」を無視すると確実に自分は傷ついていって、

それが積み重なると心が蝕まれ、やがて壊れてしまうのだそう!

なんと!

私、もう手遅れかも…。

だって「いい人であること」「場の空気を読んで気を使うこと」が当たり前のようにからだに染み付いているもの。

「いい人であること」は本当に自分らしいのだろうか…。

よく考えたら「ひとりでいるのが恥ずかしい」「見返りがほしい」みたいな裏があるかも。

うーん、違和感通り越して気持ち悪いな。

 

だから自分の「違うこと」をキャッチしよう。

そして「違和感」から自分を解いていこう。

そっちの方が楽に生きられるし、そういうのが今後もっと重要になる気がする。

 

*本屋さんをはじめました*

usagibooks.thebase.in