ひとり会議

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

出目金の暗躍─『A子さんの恋人』5巻を読んで

『A子さんの恋人』の5巻が出ましたね。

f:id:eritoshi1005:20181019155638j:plain

 

私は気軽に書店に行けない状態(子育て中)なので、大事をとって近くの書店で予約しました。

というのも、『A子さんの恋人』のレーベル「ハルタコミック」は「書籍扱いコミック」なのです。

実際の発売日よりも大・幅・に(←ここ重要!)前倒しすることが多々あり、発売日に書店に行くと売り切れということもありえるからです。

(この辺の話は『ガイコツ書店員 本田さん』を読んでいただけると理解が深まりますよ)

 

前置きが長くなりましたが、『A子さんの恋人』5巻読みました。

黒出目金、A子さんのデビュー作、様々な伏線が集約されていく快感…。

友人のK子、U子にも進展があり、あとは「A子さんがA太郎とA君どちらをとるか問題」に向かって進むのみ。

いよいよ佳境です。

(見返したら、まったく同じ文言4巻の感想で書いてました(笑))

 

いや、やっぱりこのマンガは小道具の使い方がうまい。

表面上はアラサーがただダベっているだけなのに奥が深いなぁ。

黒出目金は1巻でA太郎がA子さんに渡すために買ったものでした。

それが、U子、K子、I子へ回り、5巻でようやくA子さんの家へ。

しかもA子さんの家に出目金がいるのを目にして、A君は何かを察しアメリカから日本へ行く決意をする。

出目金どんだけ重要なんだという…。

 

出目金や「A子さんの恋人」問題以外にも保留なものがあります。

5巻に出てきただけでもA子さんの実家の部屋、A太郎の家の押し入れとか(が表面化して解決していく)。

学生時代にA子が忘れた課題の絵も宙ぶらりんで、結局A太郎が押し入れに大事に持ってたんだっけ。

 

この物語の結末は、A子さんが①A君を選ぶ、②A太郎を選ぶのどちらかのはずです。

けれども私は、本編でちょいちょい出てくる③どちらも捨てないままうまくまとめる、案が有力かなと思っています。

物ごとをすべて白黒させることが必ず正しいこともないし、世の中には保留の宙ぶらりんものがどれだけ多いか。

恋人が2人いるのは問題ですけどね!

ともあれ「どちらも捨てないままうまくまとめる」結末はどんなものだろう。

A太郎が「えいこちゃんみたいになりたい」と言い、マンガを描いてみたりしたこと。

A子さんとA太郎の過去が鍵になりそう。

 

*本屋さんをはじめました*

usagibooks.thebase.in