ひとり会議

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

本田さん『ほしとんで』のここが好き(私的に)!

 

『ガイコツ書店員 本田さん』の本田さん(なんか変だな)の新連載がLINEマンガで始まっていて、隔週の更新を楽しみに待っている。

manga.line.me

LINEマンガにオリジナル作品があることは知っていたが、ほとんど若い人向け。

一方の『ほしとんで』は恋愛要素は全くなく(笑)アラフォーでも安心して読める。

 

『ほしとんで』は大ざっぱにいうと、八島大学芸術大学(通称ヤシ芸)に入学した尾崎流星(りゅうせいと読む)が、

強制的に入れられた「俳句ゼミ」で色々な人と出会い、俳句の本質を学んでゆくというストーリーだ。

 

『ほしとんで』のどこが好きかと言うと、

まず主人公の流星くんがいい!

f:id:eritoshi1005:20180808162533j:plain

物ごとに無頓着で(寝ぐせのまま外出してそう!)、平熱が低くて、「一切の覇気から解き放たれている」感じ、好き。

けどなぜか人に好かれやすい(有名人の親友と普通に接している)のはきっと流星くんが何かを持っているからだろう。

 

「俳句ゼミ」のキャラがみんな個性的でおもしろいのだが、

中でも私が好きなのは寺田春信くんな。

f:id:eritoshi1005:20180808162559j:plain

見た目はジョニー・デップに見えなくもないが…?

本人曰く「生まれつき口数多ぎみなのでうるさ」く、あだ名は「てっぺん露出癖」「無職」「人型ナマズ」など…。

漫画も描いているらしく、ペンネームは名前を音読して「しゅんしん」。

(ミュージシャンの向井秀徳さんみたいでこれも私のツボにはまりました)

 

 

俳句ゼミの坂本先生は俳句についてこう言っている。

「俳句は難しい

続けても上達しない人なんてたくさんいるし

上手いからってモテることもないし 本は売れないし

でも 知ると結構楽しいよ」

俳句で成功を目指すわけでもなく、出来に優劣をつけるわけでもない。

でも俳句って結構おもしろいでしょ?ってスタンスがいい。

これからも更新楽しみにしてます。

というか書籍化するのを待ってます。

 

 

ちなみに本田さんの読み切り「たったひとつのことしか知らない」が電子書籍化していた。

こちらは外国の短編小説のような読後感。ハードボイルド!

 

 『ガイコツ書店員 本田さん』の記事はこちら

www.hitorikaigi.net

 

 

*本屋さんをはじめました*

usagibooks.thebase.in