ひとり会議

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

共感&今後の見通しに…産後に読んだ!出産&育児マンガ

 

f:id:eritoshi1005:20180917115900j:plain

出産のため久しぶりの更新になります。

早いもので、ムスメが3ヶ月になりました。

はじめはいっぱいいっぱいでしたが、ここにきて授乳の間隔が空いてきて、

ぽっかりと時間が空くようになりまして、ようやく今の気持ちを文章にできています。

 

出産はやはり大変だったけど、

何てこった、出産の後も大変なのね(育児を差し引いても)!

一番キツかったのは乳腺炎

万年Aカップの私がまさか胸が張って張って苦しい(高熱と頭痛!)なんて思ってもなかった…。

外に1ヶ月ぐらい出られないし、育児はすべてがはじめてで不安。

これで産後うつにならない人なんているんでしょうかね。

でも、このつらさは当事者にしか分からないものなんですよね〜。

 

そんなモヤモヤした日々、読書が息抜きでした。

本屋には全く行けないし、文章が読めるほど余裕もないので、読書はもっぱらiPadでマンガです。

育児は忙しいといっても、実はちょっとした空き時間はあるのです。

それがいつ、どのくらいかは不明ですが…(だから何かできるというわけではない)。

読むのはやはり出産&育児のマンガです。

以前は「おもしろいな~」って読むだけだけでした。

今は「そうなんだよ!」という共感と、「これからこうなるのか」という知識を得ることができるかがポイントです。

以下は私が何度も読み返したマンガたち。

 

ママはテンパリスト東村アキコ

育児マンガのパイオニア? ごっちゃん、すごいよ天才…!

『おかあさんの扉』伊藤理佐

ダンナさんは吉田戦車さん。『テンパリスト』に比べると現実的で、タメになる。細かい日常ネタがおもしろい。

『インド夫婦茶碗流水りんこ

育児だけでなく、インド人の生態(?)もおもしろい。10巻までkindle unlimited対象なのがうれしい。

 

最近、育児マンガが多いな~って思っていたんですが、理由が分かりました。

誰でも本が出せるほど、赤ちゃんっておもしろいものなのです!

 

ここからは番外編…

産後は情緒が不安定。

息抜きのつもりが、産後の描写がリアルすぎると号泣してしまいます。

産む前の予習に読んでみるのがおすすめです。

『レモン、うむもん!』はるな檸檬

「泣いてるお母さんの横で、肩を抱いて一緒に泣くような」本とありますが、まさにその通り。絵はシンプルですが内容はリアルです。

*本屋さんをはじめました*

usagibooks.thebase.in