Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

「うつくしい自分」の先にあるもの─服部みれいさんの『うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK3』

 

待ちに待った新刊を買いにいくため、少し大きな街の書店へ出かけた。

 

f:id:eritoshi1005:20180413153538j:plain

服部みれいさんの『うつくしい自分になる本 SELF CLEANING BOOK3』だ。

この本は、「あたらしい」「自由な」に続く「SELF CLEANING BOOK」の第3作目となる。

f:id:eritoshi1005:20180413153606j:plain

こちらが既刊本。両方、ちくま文庫になってます。

(ちなみに私は単行本も両方持ってます!)

 

私は冷えとり健康法をはじめ、これらの本で紹介されている様々な知恵をいろいろ試した。

すると自分自身が変わっていくのを感じたし、いつの間に周りの環境も変わった(いい意味で)。

「SELF CLEANING BOOK」は一貫して、こころやからだが自然に戻る、本来の自分に戻ることが「あたらしい自分」であり「自由な自分」であり「うつくしい自分」であると伝えている。

「あたらしい自分」や「自由な自分」や「うつくしい自分」って、むやみに消費したり、自分を偽ったり、人と比べたりしなくてもいいんだ…。

こんな簡単で楽なことだったのか!

というわけで「SELF CLEANING BOOK」は私にとってバイブルのようなものなのである。

 

これまで紹介された主な知恵をちょっと紹介すると…

『あたらしい自分になる本』(1作目)→冷えとり健康法、アーユルヴェーダ、白湯、アファメーション、瞑想、ホ・オポノポノ

『自由な自分になる本』(2作目)→呼吸法、布ナプキン数秘術、前世療法

 

そして新刊の『うつくしい自分になる本』では砂浴、お手当、インナーチャイルドのこと、あと「豊かさ」とは何か?というようなことが書かれている。

3作目になると、具体的な事柄ではなく、目に見えない世界のお話が大半で、

そう、つまりはかなりスピ(スピリチュアル)っているのだ…!

私たちの知らない知恵、新しい世界をもっと、もっと欲しい!となると「目に見えないもの」にならざるを得ない。

 

これらの本に載っている知恵はすべて著者の服部みれいさんが体当たりで試したものだ。

これをやらないとダメと強要するのではなく、「やってみたらけっこう楽しかったよ」みたいなスタンス。

「SELF CLEANING BOOK」は服部みれいさんが著者というよりも編集者であるかのような本だ。

 

『うつくしい自分になる本』をもって「SELF CLEANING BOOK」シリーズは完結らしい。

残念だけれども賢明な判断とも思える。 

今後、服部みれいさんはどんな本をつくるのだろう。

私的には『アナスタシア』みたいなちょっとスピリチュアルな小説とか描いてほしいな。

 

本屋さんをはじめました

*出産のためしばらく休業いたします*

usagibooks.thebase.in