Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

まったりする旅番組が好き!─おすすめ旅番組

 

昔は自称「テレビっ子」だった私も、歳のせいか、時代のせいか、テレビに刺激を求めなくなりました。

家でご飯を食べるとき無音では寂しいので付けているもの、それがテレビ?

私がテレビに求めるものは、食事の邪魔にならない「まったり感」でしょうか。

 

気がつけば毎週録画しているのが旅番組ばかりです。

日本を旅している番組(ロケ番組)は「おいしい〜!」「すごい〜!」「キレイ〜!」の連呼なので観ません。

旅とは当たりもあればハズレもある。

すべて当たりなんてあるわけがありません。

ハズレもあるから旅は楽しいのです。

ということで観るのはもっぱら海外の旅番組になりまして、

私が今レギュラーで観ている番組を厳選して紹介します。

キーワードは「まったり感」で。

 

「2度目の旅」シリーズ

「誰もが知ってる観光地を2度目に旅するならどう過ごすか」を紹介する番組。

有名なスポットはスルーして、地元っ子しかいない穴場へ。はたまた電車に乗って少し遠く場所へ…など「こなれた感」がいい。

ナレーションは室井滋さんで、「食べ人」としてレポートする若手俳優さんとの掛け合いもテンポ良く楽しい。

毎回「3日で5万円」など、日程とおこずかいが決められています。

おこずかいの使い道にツッコミたいことがよくありますが、それもまた旅の醍醐味ということで。

www4.nhk.or.jp

 

7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート

毎週、さまぁ〜ずに絶対に来てほしいと名乗りを上げるビーチを紹介する番組。

ビーチの砂、海の透明度、水温、ホテルのシャワーの水圧やベッドの匂い(いらないけど)など細かいところまでチェックしてくれるのがいい。

時々さまぁ〜ずも現地でレポートをするのですが、私が好きなのは「ナイーブ大竹の現地リアル調査」。

大竹さんが単独で地元のレストランや夜市に行って「この水は大丈夫か?」「お皿がベトベトしてないか」など神経質ならではのレポートを繰り広げます(笑)。

リゾートホテルよりもこっちの方がリアルで好きなので、「ナイーブ大竹」またやってほしいなあ。

www.tbs.co.jp

  

東野・岡村の旅猿〜プライベートでごめんなさい〜

こちらはゲストによって観たり観なかったりなんですが。

どんなに仲のいい人と旅をしても、必ず小さな小競り合いってありますよね。

旅に失敗は付き物だし、移動で疲れますし。

そういう「変な空気」もしっかりと放送して、むしろそれを売りにしているのが「旅猿」なのです。

www.ntv.co.jp

 

クレイジージャーニー

もはや旅番組ではありませんが、好きなのでこれも入れます。

独自の視点やこだわりをもった「クレイジージャーニー」を毎週紹介しています。

番組名通り「クレイジー」な人ばかり登場します。

世界にはいろんな生業があって、自らよろこんで危険なことに挑戦する人がいます。

人間の好奇心ってすごいわ〜。

冒頭で書いた「まったり感」とはかけ離れていますが(笑)、怖いものみたさで毎週観てしまいます。

 

www.tbs.co.jp

 

一口に「旅番組」と言っても色んな切り口があります。

数え出したらキリがなく、今回紹介したのもほんの一部です。

これからもご飯のお供にいい「まったり」とした番組を探し続けます。 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in