Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

【書店の噂】書店業界の合併や買収が進んでいる

 

TSUTAYA」の母体であるCCCが出版社の徳間書店を買収しました。

新聞にも大きく報道され、事態の大きさが感じられます。

「TSUTAYA」のCCC、徳間書店買収を発表 :日本経済新聞

CCCは徳間書店以外にも出版社を買収しており、

連結グループ会社を確認してみると、

連結グループ会社・持分法適用会社一覧|CCC カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

などアート系の出版社をいくつか買収しているようなので、

オシャレな方の「蔦屋書店」と仕掛けるのでしょうか。

「蔦屋書店」はもはや書店というよりも、

「本がかくさん置いてあるスタバ」のようですけどね…。

これらの動きは出版社→取次→書店という

出版業界のシステムから脱却し、

新しいシステムをつくろうとしているようです。

 

f:id:eritoshi1005:20170325010646j:plain

(こちらの画像は上のニュース記事の電子版から拝借いたしました)

 

出版市場の縮小はこれからも進むでしょう。

生き残るために合併や買収、倒産が増えていくでしょう。

こんなに再編が進んでいるのに、

書店では危機感が不思議とありません。

一番危機感を持っているのは取次じゃないかと思います。

 

大手の取次(トーハン、日販)が書店を次々と買収しています。

上の表はほんの一部で、

何を隠そう、

私が勤めている書店も少し前に大手取次に買収されました(ドーン)。

 

取次は倒れかけている書店を救います。

書店にとって取次は救世主です。

それからは、書店は取次の言いなりになります。

経営方針が急に変更になったりします。

取次が先導しない限りは、

CCCのような新たな挑戦がやりにくくなるでしょう。

 

再販制度」「委託販売」が崩壊するときは、

そう遠くないように思います。

書店と取次はもはや運命共同体

そのときは共に倒れる運命にあるようです。 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in