Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

悪夢のような現実─『夫のちんぽが入らない』を読んで

 

いま話題となっている本が、

『夫のちんぽが入らない』。

『君の膵臓を食べたい』以来のタイトルの破壊力。

表紙を見る限りはそんなタイトルの本だとは思わなかった。

 

f:id:eritoshi1005:20170125140628j:plain

 

タイトルに惹かれて軽い気持ちで読みはじめたら、

止まらなくなり、一気に読み切ってしまった。

壮絶すぎて、まるで悪夢を見ているようだったが、

すべて著者こだまさんの現実らしい。

 

あらすじは特設サイトから引用します。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。

初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。

彼の性器が全く入らなかったのだ。

その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。

しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、

「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、

ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落”の半生。

“衝撃の実話”が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!

 

すべての悲劇は「ちんぽ問題」からはじまるのだが、

それ抜きにしても、

自分を認められない問題、母と子の問題、

女性は出産しないといけない問題など、

様々な問題が入り組んでいる。

この物語はこだまさんが18歳から20年までのことだ。

10代〜20代は「ちんぽが入らない」という個人的な問題に悩まされるが、

30代になると「既婚者の女性がなぜ出産しないのか」という

社会的な問題に変わっていくところが興味深い。

 

問題はなぜときかれたとき、

「夫のちんぽが入らないんです」と言えない不幸なのだが、

こだまさんが自己肯定感が低いことも

この物語に大きく影響している。

 

自己肯定感が低いことは「生きづらさ」と言い換えることができるだろう。

私も自己肯定感が低めだった若いころ(主に10代)を思い出し、

読んでて痛みや苦しみを感じる一方、首をブンブン振るほど共感した。

 

例えばこのような箇所にグッときた。

お饅頭に『駄目』の焼印を押される。

薄皮がじゅっと白い煙を上げて縮む。おもてに出ると、

鉄の焼きゴテを持った人たちが待ち構えている。

もう何も訊かれたくない。焦げたくない。

 

そんなに悩んでいるなら誰かに話したらいいじゃないかって

デリカシーのない人は言うだろう。

確かにそうなんです。それができたらどんなに楽だろう。

でもそれができないから生きづらいのです。

 

いま、こだまさんは夫との性行為は一切なく、

この問題を客観的にみれるようになったのだそう。

それを読んでとても安心した。

いつか、こだまさんが夫とちんぽの話で笑い合えるような

関係になっていることを願う。

 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in