Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

「わたし」の時間を取り戻そう─プチ「スマホ断ち」します

 

 

今年に入って「生産性」についてよく考えています。

 

なんでかっていうと圧倒的に時間が足りないと感じるからなんです。

じゃあ、あと何時間あれば足りるのかと言われると、

たぶんきっと、一日が何時間になっても足りないでしょうね。

 

原因は「スマホ」にあるとみました。

スマホを見ているとすぐ時間が過ぎてしまいます。

ちょっとした空き時間。

何かを待っている時間。

私なら1分でもあるとスマホをいじってしまいます。

いい情報がほしい一心でいろいろなサイトを徘徊しますが、

いい情報はそんなにはなく、

ただむなしく時間ばかりが過ぎてしまいます。

操作もサクサクいかず、ストレスばかりがたまるのです。

 

時間潰しだったスマホがわたしの時間を奪っているのではないか。

ということで、今よりちょっと不便になるように

スマホ断ち」をしてみることにしました。

 

◎「モバイルデータ通信」をオフにする 

これならwi-fiがあるところのみで使用ができます。

調べたいことがあればとりあえずスマホで調べるのをやめて、

調べものはデスクトップだけに限定します。

 

スマホのプッシュ通知を減らします

「設定」→「通知」でメールの通知の許可をオフ。

これでしょっちゅう来てたメールのプッシュ通知がなくなった!

これで煩わしい通知が減って、

何となくアプリを開いてしまうことがなくなりました。

 

◎通勤時間はスマホを見る時間をやめる

一番非効率な時間は仕事の通勤時間なのです。

「待ち」の時間が多いのでついスマホを見がち。

通勤は読書(iPad)だけをする時間と決めます。

読書に疲れたら、あえてぼーっとする時間にします。

電車を見渡せば、スマホをいじっている人ばかりで、

まるでここに「存在していない」人のように見えます。

私もこんな風に見えていたんだなって思いました。

 

意外だったのは、ぼーっとする時間が苦痛ではなかったこと。

そもそもぼーっとするのが嫌だったからスマホをいじっていたんですけど。

ってことは「ぼーっとしてる時間」が「わたしの時間」?

 

まあ、とにかく、 

便利な世の中になったもので、不便にさせるには意志がいるようです。

 

あと、「スマホ断ち」と言ってますが、

ガジェットが嫌いな訳ではありません。

現在MacBookiPhoneiPadを所持し、

もうすぐapplewatchを買う予定。

Apple信者というほどではないのですが、

結果的にはApple信者になってますね(汗)。

新しいもの好きは当分やめられないようです。

 

こちらもあわせてどうぞ

何をやらずに済むかを考えよう─ちきりん「自分の時間を取り戻そう」 - hitorikaigi.net

人生の生産性を上げて何が悪い? ─ 伊賀泰代「生産性」を読む - hitorikaigi.net

 

 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in