Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

2016年11月に読んだ本

 

11月に読んだ本を自分メモ用にまとめました。

まずはkindle版(価格は2016年11月のものです)。

 

f:id:eritoshi1005:20161207131331p:plain

f:id:eritoshi1005:20161207131348p:plain

f:id:eritoshi1005:20161207131359p:plain

 

f:id:eritoshi1005:20161207131726p:plain

f:id:eritoshi1005:20161207131737p:plain

f:id:eritoshi1005:20161207131744p:plain

f:id:eritoshi1005:20161207131753p:plain

f:id:eritoshi1005:20161207131759p:plain

 

合計20冊、13,658円!月の予算が1万円なので、かなりの予算オーバー。

キングダムを読み始めてしまったので来月も予算は越えるでしょう(汗)。

 

続いて紙の本。 

うちの書店は社割制度があり、実際の価格の1割引きで購入しています。

価格は私が実際に購入した金額です。

 

CasaBRUTUS(カ-サブル-タス) 2016年 12月号 [居心地のいい本屋さん] ¥836

A子さんの恋人 3巻 (ビームコミックス) ¥602

谷崎万華鏡 - 谷崎潤一郎マンガアンソロジー ¥972

『編集会議』2016年秋号(良いコンテンツだけじゃ売れない!メディア戦略論/編集者・ライター100人調査) ¥1,170

別冊マーマーマガジン body & soul 3 ¥583

あかるい物撮り ¥2,138

自分の時間を取り戻そう ¥1,458

 

合計7冊、7,759円!

kindleと紙の本合わせて21,417円!!

まさか書籍代で2万円オーバーするとは…!

kindleはセールになっているものを読んでいかないとなあ…。

でもamazonでセール情報を探すのって意外と大変で

(散々探してダウンロードするものがないとかよくある)。

私は書店で働いているので、

仕事中に気になった本を

kindleで普通に買った方が効率がいいんだよなー。

 

本の出費は消費ではなく投資なので(たとえマンガでも)、

いつか自分にリターンが来ると信じよう。

誰が言ってたか忘れましたが、

「読書に投資するのが一番リターンが高い」のだそうです。

 

今月のベスト本は、

高浜寛さんの『ニュクスの角灯』です。

日本が封建制度をやめて、一気に近代化した激動の明治時代。

長崎の道具屋「蛮」で奉公することになった美世は、

店主の百さんが、世界の最先端であるパリ万博で仕入れてきた

「夢の品々」に心躍らせ、

新しい時代に踏み出していく…というストーリーです。

「夢」があるっていいなって思います。

 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in