Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

ウルトラ植物博覧会2016 西畠清順と愉快な植物たち@銀座

 

今日はお休みだったので、

銀座のPOLA MUSEUM ANNEXで開催中の

「ウルトラ植物博覧会2016

西畠清順と愉快な植物たち」

を見に行きました。

すごく楽しかったので一部を紹介します。

 

 

f:id:eritoshi1005:20160907185408j:plain

 

西畠清順さんはプラントハンターで

世界中の珍しい植物をハントしては、

欲しがっている人に販売するお仕事をされていて、

最近では、空間をプロデュースしたり、

テレビにもよく出演されています。

こちらの博覧会では、世界中を旅した中で、

西畠さんがどうしても販売できなくて

手許に置いている愛おしい植物のコレクションです。

 

入場は無料で、

しかも写真撮り放題なので、

いろいろ撮ってきました。

 

f:id:eritoshi1005:20160907185359j:plain

毛がフサフサとしているサボテン 

 

f:id:eritoshi1005:20160907185339j:plain

絡み合う枝 

 

花屋で売ってるようなキラキラした植物ではなく、

環境が過酷な場所で生き続けている植物たち。

水もほとんどあげなくてもいいらしい。

彼らはどうやって生きているのだろう。

しばし、植物だということを忘れ、

奇妙さにただ圧倒される。

 

f:id:eritoshi1005:20160907185243j:plain

f:id:eritoshi1005:20160907185257j:plain

”ぱっくり開いた割れ目”

 

f:id:eritoshi1005:20160907185319j:plain

赤すぎる乳頭 

 

f:id:eritoshi1005:20160907185353j:plain

説明文によると、とげがきついので”握りにくい”

 

よく見ると

なんといやらしいかたちの植物が多いことか(笑)!

いや、違うな。

植物たちはいたって真面目に生きている。

見ているうちに奇妙な植物たちに愛おしくなってくる。

しかし、もしこれが人間のつくった彫刻ならば、

悪趣味だと片付けられるだろう。

 

「ウルトラ植物博覧会2016」は9月24日までです。

9月14日からは向いの松屋銀座でも展示をするそうです。

 

www.matsuya.com

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in