Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

独身者あるある ◎「山と食欲と私」2巻を読んで

こちらでも紹介した「山と食欲と私」の2巻が出ました。

 

www.hitorikaigi.net

 

1巻がおもしろかったので、楽しみにしてました。

スイスイと楽しく読んでいたのですが、

ふと手が止まったところが。

 

主人公の鮎美はいつものように登山へ行くと、

登山口で男性と二人きりに。

その男性は37歳、翻訳家、趣味は登山の他に

海外サッカー観戦、読書。

(また、いいところついてくるよなぁ)

 

一緒に登っているわけではないが、

途中雨が降り出したりしたので、

2人で雨宿りをすることに。

そこで男性がササッとつくってくれた

ウィスキー入りの大人のココア…。

 

体も温まり、弾む会話…。

そして……。

 

f:id:eritoshi1005:20160827022207j:plain

 

鮎美撃沈…。

 

ああ、この感じ。

独身者あるあるだわ〜。

心の中で一瞬でも期待をしてしまった

自分に「ですよね〜」ってツッコミを入れる。

 

自分が結婚してよかったと思うのは

このような不毛な恋愛ゲームに

もう参加しなくてよくなったことだ。

いい感じの男性が結婚指輪をしていたって

無駄に傷つくこともない。

 

しかし、好きなことに邁進する

主人公の鮎美(27歳)より

会社の先輩の小松原さん(29歳)の

行く末の方が心配です。

 

リンク貼っておきますね。

 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in