Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

kindle unlimitedの感想と読んだ本

8月3日、ようやく日本でも

kindle unlimitedが上陸しましたね。

月額980円で和書12万冊が読み放題になります。

早速、1ヶ月のお試し会員になりました。

kindleアフィリエイトで生活してらっしゃる

「きんどう」さんがこちらでおっしゃっているように、

(いつもすごくお世話になってます!)

Kindle読み放題はじまって3日目、とくにきんどうの売上に影響はないみたい - きんどう

 

「2016年、2度めの電子書籍元年がKindle読み放題でスタートした」

ほどの大きな出来事ですよ、これって。

でも書店業界は、全く話題にもなってないのが不思議。

 

まだ日本では始まったばかりですが、

kindle unlimitedによって書店はどんな影響を受けるのか、

本はどうなっていくのか、

そんなことを考えるのが好きです。

 

 

こちらの

はあちゅうさんの雑感が

ポイントを押さえてらっしゃるので、

なぞった感じになりますが、

一週間ほど使ってみた感想です。

はあちゅう 公式ブログ - 12万冊読み放題のKindle Unlimitedを1日試してみての雑感 - Powered by LINE

 

◎無料だとありがたみがない

紙の本や電子書籍はお金を払っているので、

つまらなくてもがんばって読もうとするけど、

読み放題ならつまらなければ、即終了。

苦しみながら読むことも、振り返れば

楽しい読書体験になるのだけれども、

そういうのはもうできないだろうな。

 

◎検索が面倒

読み放題のサイトから、

自分の読みたい本を探すのが

非常にめんどくさい。

カテゴリを絞っていくしかないようです。

もっといいやり方はないものか。

 

◎コミックは普通に買うしかない

コミックは大手はほとんど参加してないようです。

 

f:id:eritoshi1005:20160810045421p:plain

こちらは8月10日現在の読み放題対象コミックの出版社一覧です。

講談社が2件、集英社小学館に至っては0件。

また、大手でなくてもほとんどが1巻のみ。

続きが読みたきゃお金出してくださいってことか。

コミックに関しては引き続き「きんどう」さんで

セール情報や無料本情報を見るしかなさそうです。

 ◎同時に10冊以上は読めない

ということは、ずっと手元に置いておきたい本は普通に買うしかないようです。

 

私はkindle unlimited、このまま継続する予定です。

やはり職業柄、いろんな本の知識は必要ですからね。

深い読書体験にはならないけど、

幅広い知識を得ることはできそうです。

 

うっすらと不安なのは、

コンテンツの質が、低下してしまうのではということ。

出版物は、

記事なら一次取材(記者が現場に行って、本人に聞き込みをする)、

創作物なら一次創作が基本。

でもタダ同然のコンテンツが当たり前になってしまうと、

大手の出版物であっても

そうでなくなってしまうのではないかと思います。

逆に言えば

一次的な商品の価値は今後も変わらず、

有料であり続けるのではないでしょうか。

 

以下は私がダウンロードしたコミック。

これが読み放題なのはお得です。 

 

 

 

 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in