Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

仕事が辞めれないならこれをやめてみよう

f:id:eritoshi1005:20160520090725j:plain

手放すことも時に快感です

 

関西から関東に引っ越して半年が経ちました。

仕事にも慣れてきました。

が、職場と家の反復運動!

1週間がほぼルーティンになっていることに気がついた!

 

口癖になっていると

それはただのつまらない奴ですが、

「何か面白いことないかな」と思ったら

自分が変わるときではないでしょうか

変化は必ず起きるもの

人は変化があって成長する

 

環境を変えるなら、仕事を変えるのが一番。

しかしそう簡単に仕事はやめられないですよね。

 

じゃあどうしようということで

今からすぐできる「やめること」を考えてみました。

そして実践してみました。

新しいことをするには自分の空き容量を増やすことが必要。 

結局「やる」ことより

「やめる」方が難しいんですね〜

 

①メルマガ、noteなど以前ワクワクして読んでいたものをやめる

 

これ超面白い!、超役に立つ!

って購読をはじめた

note、メルマガの有料コンテンツ、

RSSリーダーで配信される記事たち。

それらを読むだけで自分を消耗してはないだろうか

まだ読んでない記事が増えてきているなら

今すぐ読まなくていいものなのでは?

いますぐ見ていないものは

一旦すべて配信停止をしてみよう。

やっぱり必要だと思えばまた購読すればいいのだし。

 

情報を断ち切ると新しいアイデアが生まれるものです

また新しいコンテンツを探して

ワクワクしたもの、

次はそれを購読してみましょう。

時間には限りがあります。

情報も代謝が必要なのね。

 

②いらない電話帳を消去する

 

人間関係を整理しましょう。

私の電話帳、ほぼいらない電話番号でした。

前の職場の上司、

引っ越し前の美容院、

もう完全に縁が切れてしまった知り合い、

全部消してみよう。

気分がなぜかスッとします。

電話帳を消してもその人にバレるわけではないので安心ですね

 

③いつも食べているものをやめてみる

毎日のルーティンを見直す

ちょっとした変化をつけてみるために

荒治療かもしれませんが、

食後のコーヒーやデザートをやめてみよう!

すると

心の拠り所的なものが

以外と必要ないことに気づきます

私は終電で帰って、

夕飯(夜食?)のあとの、

お菓子!

を心の拠り所にしていたのですが、

さっさと風呂に入って、

半身浴をしながらスマホでブログの記事を考えることで

時間の節約と

お菓子が食べたいという欲望を

なくすことができました。

ただやめてみるだけでは

どうにもつらいので、

こういうアトラクションが必要ですね。

 

今日は松浦弥太郎さんみたいになってしまいました。

小さな変化があなたをよりクリエィティブにしてくれる

ことを願って。

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in