Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

電車で隣の人に寄りかからずに寝るにはどうしたらいい?

f:id:eritoshi1005:20160515010358j:plain

電車で寝ると必ず横に倒れてしまうタイプで

隣の人にはいつも迷惑をかけている。

 

寄りかかると、

隣の人から「肘鉄」を受けたり(特に女性に多い)、

普通に手で、ぐい〜っと押し戻される。

ハッと目が覚め、

すいませんみたいな表情をし、

でもすぐに夢の中に戻って、

隣に寄りかかってしまう(以下降りる駅まで繰り返し)。

悪いのは私だが、

その雑な扱われ方に少し傷ついている。

 

だから私は、

逆に寄りかかられたときは

何も言わずに肩を貸すことに決めている。

それがどんな汚いオッサンであってもだ。

 

この問題に対する対処は如何なるものか。

 

①骨盤を立てて座る

骨盤を立てれば、背筋を伸び、

美しい姿勢になる。

美しい姿勢なら眠くなりにくくなるのではないか?

しかしながら猫背の私は

背筋を伸ばすことが長く続けられなかった。

 

②リュックに抱きついて寝る

ノースフェイスのリュックを愛用してます。

背中のところに板が入っているので

リュックの上に顎を載せて

抱きついて寝ると、

あら、不思議。

体が固定されています。

これは結構おすすめ。

 

そして一番の対処法はこれ☆

 

③寝ない

マンガとかミステリ小説とかゲームとか

とにかく目が覚めることをする。

適度な刺激を与えること。

小説などの文書だとすぐ眠たくなってしまうのでマンガがおすすめです。

勉強にもなるし、

あっという間に目的地です。

 

そもそもなぜ眠たくなるのか

短い睡眠時間を補填するために

通勤時間を睡眠に回そうなんて

考えはやめました。

ダラダラする時間をやめて

充分に睡眠時間を確保するようにしています。

そうしたら通勤時間も有意義になってきてました。

 

最近は寄りかかるより、

寄りかかられる方が多くなってきてます。

 

 

 

 

 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in