Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

「東京タラレバ娘」5巻で「これは自分だ」と思ったポイント(たぶんネタバレなし)

★緊急一人会議★

東京タラレバ娘5巻を読んで思ったことを書くよ!

f:id:eritoshi1005:20160514010746j:plain

 

5巻の発売日にKindleで購入、早速出勤前の電車で読んできました。

お店でもよく売れてましたね〜

タラレバ娘がわんさか来て

買って行きましたよ。

なんか微笑ましいですね。

(既婚なので上から目線)

 

5巻は今まで以上にドラマが繰り広げられていますよ。

読んでいるうちに、

まるでこれは過去の自分そのものなんじゃないかと

もう、だんだんつらくなるわけですよ。

でも止められない。

思うところ多すぎて、自分の胸だけにしまえないや。

というわけで私が個人的に「ああ…これ自分やん」と思った

切ないポイントを挙げていきましょう。

(大筋とは関係ない細かいところなのでネタバレにはならないかな?)

 

  • 香が経済的には自立してるのに実家暮らし

実家暮らしは結婚できない。結婚の道は一人暮らしから。自分の経験からそう思います。シュークリーム置いといてくれるお母さんの優しさが泣ける

  • 最期は占い頼り

行きましたね〜、岐路に立つごとに相談しに行ってた。同じ人に占ってもらうのがポイント。行動の理由が「占い師さんが言ってたから」と言って怪しがられる(笑)

  • 自分の戦闘力いくつか知りたくなる

私の容姿何点なの?って問いただしたい気持ちになる、けど怖くて誰にも言えず

  • 第三次結婚ラッシュが来る

35歳になる前の駆け込み(笑)

まさに34歳で結婚した自分のことだ

実際焦っていたし、それが相手にも伝わっていた

  • そんな親しくない人から結婚式の招待状が来る

35前後女の友人は少ない

だいたい、第二次結婚ラッシュで結婚した人が出産ラッシュor子どもが小さくて結婚式に呼べない。

会社関係のゲストが少ないなら、「ゼクシィプレミア」世代は大規模な結婚式は挙げるもんじゃないよ。

*1

 

まあ、こんな感じでしょうか。

東村先生はなぜにこんなにもリアルに描けるのだろう、子持ちなのに。

女心を知りたい男子にもおすすめします。

ただし、独身アラサー女子のすべてが

あんな風に

「たら」

「れば」

言ってこじらせているわけでは

ないので誤解なきよう、

あくまで作品はフィクションです☆

 

 

 

*1:「ゼクシィプレミア」とはご存知「ゼクシィ」の大人バーション。キャッチフレーズは33歳からの“大人の”ゼクシィ。

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in