Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

「めんげん」その後と夏の冷えとり計画

以前、アトピーのめんげんのことを

書かせていただきました。
 
 
冷えとりを強化したら
子どものことから悩んでいたアトピーが悪化。
しかも首(目立つし、皮膚が固くなって首が回らない)。
これって「めんげん」?
いつもは病院行って薬で直してたけど、
今回は冷えとりで治してみよう!
という内容。
 
今どうなっているかというと
 
首はほぼ完治!
 
その代わりに
右足のひざの裏に
アトピーが出ている状態。
どこかが治るとどこかに出てくる(泣)
 
肌はだいぶ荒れてて、痒いですが、
首より目立たないので精神的にはマシです。
 
最近は「めんげん」ではないけども、
体調がなんとなくすぐれない。
 
イライラ、クヨクヨすることが多く、
体だけでなく
心が「冷え」ていることを実感しております。
 
外に出したいはずの毒が、体の中に溜まっている感じ。
 
やはり暖かくなってきたので、
冷えとりが面倒になってきてるんですね。
 
このままではまずい!
 
体の毒をもっと出さなければ!
ということで夏に向けて
冷えとり計画。
 
ちなみに私が実践している冷えとりは、
 
・半身浴(湯船の中で椅子に座って20分)
・くつ下は4枚履く(絹→綿→絹→綿)
・ズボンの下に無印のレギンス(綿のやつ)
・朝夕の飲み物は白湯(特に朝イチに白湯を飲む)
・寝るときはくつ下履いたまま
・湯たんぽを入れて寝る
 
で、今。
 
・時間がなくて半身浴できず。
・くつ下は4枚→3枚に
・レギンスは暖かくなって汗をかくので断念。
・白湯も朝のみ
・寝るときは裸足、湯たんぽも卒業
・おまけに送別会やらで暴飲暴食
 
夏に向けてこれならできそうかな。
 
・半身浴は週に1度はやる
(半身浴は冬より夏の方が快適です)
・絹のレギンスを買う
(値段が高いので今までは手が出せなかったですが
さぞかし着心地がいいらしい)
・夕ご飯を減らし、お菓子は夜食べない
(食べ過ぎも冷えの原因とされています)
・白湯は朝晩必ず飲む
 
さて夏になったらどうなっているかな?
 
新版 万病を治す冷えとり健康法

新版 万病を治す冷えとり健康法

 

 

この本はあらゆる病気・不調の原因は
「冷え」にあるとして、
一見、つながりのない、何気ない行動が
冷えをつくり、体の不調をつくっていた
ことを解説しています。
私の冷えとりのバイブルです。
 
気になったらまずは書店で手にとってみてね!

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in