Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

やっぱり紙の本は終わりなのかもしれない

イケダハヤトさんが紙の本はコスパが悪いから

もう出さないと言っていた。

 

www.ikedahayato.com

 

これからイケてる人はnoteなり、有料のコンテンツで

発表するんでしょうね。

書籍化しても、イケてる読者はもう読んでいる。

だから紙の本はイケてない読者が読んでいる。

webの世界を知らないイケてない著者が紙の本を書いて、

イケてない読者が読むんでしょうか。

 

ああ、先が暗くなってきた。

 

 先ほどのブログでイケダハヤトさんは

菊池寛になりたい」

と言っていた。

菊池寛は作家であり、文藝春秋の創始者)

出版社を介さずに、作家自身ですべてをプロデュースする

作家が近い未来に出てくるでしょう。

そうすれば出版社の意義はなくなり、

紙の本は終わるでしょう。

 

しかし我々、紙の本側には、

タイトルの付け方や装丁、キャッチコピー、

どんな層にどのように売っていくかの戦略を立てる

「編集者」がいます。

スピードはwebよりも遅いかもしれないが、

編集者を介することで、

より多くの読者に想いを伝えられるわけです。

ちなみに私、書店員も

本の並びによって視覚的に

編集をしています。

人件費削減で棚を触る時間はどんどん

減ってますが(汗)。

 

 今後ますます編集の重要性が増していくでしょう。

次の新しいスターを見つけ、育てるのは、

編集者なのか。

それとも編集のないバラバラな世界になってしまうのか。

 

 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in