Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

書籍が売れた著者はブログを更新しなくなるパターン

前回のエントリで

次回はテン年代の批評家を考えます!

といったものの、

 

この問題、難しすぎました。

 

まず、やはり、「批評家」と名乗る人が

ここ5,6年で、特に若い人にはいないのです。

なので、ゼロ年代テン年代の間にどんな変化が生まれたのか、

について考えてみました。

まだ荒削りです。

 

2011年にちきりんさんの「ゆるく考えよう」

が出版されました。

それまでブログ発の本といえば、

芸能人の本が相場でしたが、

ビジネス書にしてはやわらかく、とはいえエッセイでもない、

新しい書き手が登場した、そんな印象を受けました。

 

「Chikirinの日記」の育て方

「Chikirinの日記」の育て方

 

 

こちらの本は電子書籍にて出版された、

ちきりんさんのブログ運営についての本です。

(その後、文藝春秋から紙の本で出版されています。

プロの編集が入るとタイトル・装丁はだいぶ変わりますね)

こちらの本からキーワードとなる一文を引用します。

 

特定のエントリをより多くの人に読んでもらうことにより、

「なにかおもしろいことができる、

自分の場所を持ちたい」と考えていたのです。

 

自分が運営する場所(サイト)、自分のメディア=“OwnMedia”

を持ち、(中略)似たタイプの読者が多数集まるようになれば、

アクセス数が増えて広告料が入るなどというレベルを超えて、

様々な新しい(そして楽しい)試みが可能になる。

 

 

「OwnMedia」がテン年代のキーワードの一つといえるでしょう。

テレビ、雑誌などマスメディアの収入は

広告によるところが多いため、

広告主の意に反する内容は載せられない。

結局当たり障りのない記事ばかりになってしまいます

(最近は特にその風潮を感じます)。

よって自分の言いたいことを自由に発信できる場が必要なのです。

 

最近、新しい書き手が書籍を出版、となると

ほぼほぼ「ブログを書籍化」ですね。

出版社の編集者は日々、ブログやSNSで新しい才能を探しています。

つまり、

テレビや雑誌で取り上げられたら一気にスターにはなれますが、

テレビや雑誌からは新しい才能は生まれていないということです。

 

しかし、ちきりんさんのように、

書籍を何冊が出すようになっても、

ブログを更新し続けている、

「OwnMedia」がマイホームな方って案外いませんでした。

はあちゅうさん、イケダハヤトさん、(ビジネス色が強いですが)

phaさんなど。

有料コンテンツを含めばまだいるでしょう。

 

あと、ラジオは「マスコミ4媒体」なんていわれるけど、

他のメディアより自由なので「OwnMedia」とします、

podcastもあるしね。

ジェーン・スーさん、荻上チキさんなどが挙げられます。

 

ブログから、TwitterFacebookからインスタグラム、

今ならnoteなんでしょうか。

媒体の方も日々進化しております。

自分自身としてはおもしろい文章を自分で書くよりも

おもしろい書き手を見つけて、

紹介したい欲望があります。

 

 

 

 

 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in