Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

遠い所も雨の中もすべては思い通り(by星野源)

最近、ハッとさせられたことに、

これから「自分に嘘がつけない」時代になっていくという。

 

コンピューターなどの技術の進歩によって

いつでも、どこでも、

人とつながれるようになった。

さらにスマホにはGPSが搭載され、

街には監視カメラが溢れている。

 

そういう技術的に「嘘がつけない」もあるのだが、

昨今のベッキーやらSMAPの騒動に見られるように

今までだましだましで収めていたことが、

ほころんできて、ねじれてきて、

もはや嘘をつき通せない状態になってしまっている。

旧勢力は衰え始めているけど、

「別れかけのカップルが最後に大げんかする感じ」

だそうです。なんか納得。

 

でもこれは悪いことではないのです。

「できる」って思ったもの勝ちなんです。

今じゃ海外に行くのも起業するのも随分楽になりましたからね。

まさに星野源の「SUN」の歌詞ですね。

これが「2016年的」なんだそうだ。

 

ところで130年ほど前にできた「近代文学」は

自我と世間体のズレに悩む主人公が描かれています。

まさに自分に嘘をつきまくってる状態。

(そして小説では概ね失敗して破滅します…)

もうこういうのは未来の若者には理解できないかもしれない。

「この人たち、何でこんなことで悩んでるの??」ってなりそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in