Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

また手帳を2つ買ってしまった(2018年)

 

f:id:eritoshi1005:20171115142345j:plain

年末のお楽しみのひとつといえば、来年の手帳選びではないでしょうか。

私は今年に引き続き、石井ゆかりさんの『星ダイアリー』と2年ぶりにマーマーブックスの『わたしの手帖』を購入しました!

手帳って2つあったところで使いこなせないし、正直スケジュール管理だけならスマホで充分なんですよね…。

 

最近書店では定番の「高橋の手帳」「能率手帳」以外にも各出版社からいろいろな手帳が出ています。

もはや手帳というよりは「読み物」として買っている感覚。

手帳の著者のいちファンとして応援する意味で手帳を買ってしまうのです。

 

2つの手帳を比べてみよう

まずは『星ダイアリー』です。

表紙には毎年、天秤座のテーマが書かれています。

2018年は「大切なものを、手の中に育む。」です。

ちなみに2017年のテーマは「『主役』として大舞台に立つ。」でした。

『主役』として大舞台に立てたかは別として(汗)2年分を並べてみるとこんな感じ。

(表紙のカバーを外せばイラストだけになります)

f:id:eritoshi1005:20171115142417j:plain

どっしりした象から軽やかな文鳥へ、来年は心境の変化がありそうです。

来年出産を控えている私にとって、親子の文鳥がシンクロしすぎていて思わず買ってしまいました。

 

f:id:eritoshi1005:20171115142441j:plain

中身はこんな感じの週間レフト式になっています。割と大判なので今年は日記として利用していました。

後半は読み物的な年間占いと月間ホロスコープ(星の動きなど)が続きます。

 

次は『わたしの手帖』です。

来年は「リッチゴールド」と「シャンパンゴールド」の2色展開です。

いつもの自分なら控えめな「シャンパンゴールド」を選ぶところですが、思い切ってリッチな方にしました。

特典で付いてきたカードも素敵…!(裏はカレンダーです)

 

f:id:eritoshi1005:20171115142501j:plain

この手帳の特長は月ごとに「本来のわたしに戻っていく」ためのテーマがあること。

毎月テーマがあり、深めるためのワークがあり、最後に「アファメーション」(願望を宣言すること)とふりかえりのページがあります。

今年からは旧暦に焦点を当てており、現在の「太陽暦」とは違った自然を感じる知恵を知ることができます。

f:id:eritoshi1005:20171115142545j:plain

スケジュールは見開き1週間のセパレート式でたくさん文字が書けます。

ここには何を書こうかな…。

 

2つの手帳の共通点をみつけました。

どちらの手帳も自分を知ったり、深めたりするもの。

もうすぐ不惑の40歳なのに、もうすぐ母になるというのに、まだ私は自分のことが知りたいみたいです。

 

農業は知らないことが多すぎておもしろ過ぎる─『タネが危ない』など

 

妊娠してからというものタブレットで本を読むのもつらくなって、紙の本ばかり読んでいる。

で、どんな本を読んでいるかというと、もっぱら農業(的)な本だ。

f:id:eritoshi1005:20171108170922j:plain

はじまりは高城剛さんのポッドキャストで野口勲さんのお話を聞いてからだった。

早速『タネが危ない』という本を読む。

著者の野口勲さんは全国各地の伝統野菜のタネを扱うタネ屋さんを経営している。

内容を簡単にいうと、タネには固定種とF1種とがあり、固定種は自家採取が基本の、地域の宝として受け継がれてきた野菜たちのこと。

一方、F1種とは花粉のできない突然変異の個体を大量にコピーしたもの。

いま商品として出回っている野菜のほとんどはF1種なんだそうだ!

なぜ子孫をつくれないF1種が市場を席巻したのだろうか。

F1種だと、農家の人は毎年タネを買わなくてはならない。

だから種苗会社が儲かる。

おまけにF1種は病気に強く、成長も早く、収穫物も大きさが均一で、見栄えがよく運搬に向いている。

ただし、農家の人によると「F1種はマズくて食べられたものではない」らしい!

 野菜の味の違いなんて正直分からない。

でも『となりのトトロ』で川で冷やした大きなキュウリをメイちゃんが頬張るシーンがあるが、あのキュウリは固定種に違いない(うまそうだもん)。

 

続いて小泉武夫さんの『いのちをはぐくむ農と食』を読む。

この本は「岩波ジュニア新書」で中高生くらいを対象としているので、農業のことを全く知らない私でも分かりやすく読めた。

いま日本の農業は危機的状況にあることが小見出しだけでも伝わる。

「農業後継者が5,000人を割っている」「日本の自給率は40%を割っている」「日本では毎日300万人分の食べ物を捨てている」などなど。

日本人は「安全・安心」「おいしさ」よりも「安ければいい」という価値観を食べものに持ちがちだ。

確かに私たちが食べものを買う基準は、原材料や原産地よりも、値段やパッケージのイメージだったりする。

 

農業(=食)は私たちの生活そのものなのに、知らないことが多すぎて、その手の本を読む度に新しい発見があっておもしろい。

微力ながらも自分にできることは何かを考える。

それは自分の新たな可能性を開いた気がした。

F1種のことを知って、まずは固定種の野菜の味を知りたいと思う。

それは日本の農業の危機だからというよりは「うまいものを食べたい」という欲望に過ぎないんだけど。

 

本当にうまいものの情報は、「食べログ」をいくら探しても載ってないみたい。

 

謎の高熱と痰─あれは「めんげん」だったのか?

 

最近ごはんを食べたあと、痰が絡むような感じがする。

何とも気持ち悪い。

この感じは、今年の6月に謎の高熱が出たときのことを思い出させる。

 

その日、普段通り朝食をとり、ちょっと疲れたからと横になったら、そのまま39度の高熱で動けなくなってしまった。

結局、その日は仕事を休んで病院へ行き、薬をもらい、翌日には平熱になった。

謎なのは、それから2~3週間ほど咳と痰が止まらなかったことだ。

一体どこから毎日毎日こんなにも痰が出るのだろうと恐ろしかった。

風邪をこじらせるにも程があり、一瞬ぜんそくか?と思ったが、いつの間に症状は消えていた。

 

思えば昔から扁桃腺が弱く、子どものころは毎年扁桃腺が腫れて高熱が出ていたっけ。

大人になるにつれて熱を出すこともなくなった。

それどころか、社会人になって10年以上経つが、風邪で会社を休んだことがない。

つまり、高熱を出すこと自体、私にとってはとっても珍しいことなのだ。

 

私の「冷えとり健康法」のバイブル、『万病を治す冷えとり健康法』によると、

鼻汁や痰が出るのは「消化器と呼吸器の毒をだして、呼吸器・消化器を治そう」とすることらしい。

さらに口は消化器の一部で、口内炎は「胃潰瘍・消化器潰瘍ができる代わりにできる」そうで、

口内炎は消化器の具合が悪いから、食べる量を減らしてくれという「信号」であるそうだ。

 

口内炎は思い当たるフシがある。

私はよく口内炎ができる体質(?)で、2ヶ月に1回はできていた。

これは食べ過ぎのサインだったのか。

 

「めんげん」とは「好転反応」のことで、からだが毒だしすることによって快方に向かうことだ。

冷えとり健康法を続けて4年ほど経つが、これといっためんげんを体験したことのない私(くつ下はよく破れるんですけどね)。

あの謎の高熱は今まで溜まっていた消化器系の毒だし祭りが行われていたということか。

一体、何年分の毒が出ていたのだろう。

しかし痰がでればでるほど頭はスッキリしていき、あの高熱の後すぐに妊娠が分かった。

あの高熱が「毒だし」であるならば、毒が抜けたから妊娠できたのかもしれない。

体ってよくできている、っていうか、体の中に入った毒は出さない限り溜まっていくものなのね。

改めて自分のからだを大切にしようと思ったのでした。

 

f:id:eritoshi1005:20171101192750j:plain

絹とウールのズボン下を買いました。2枚で14,000円ほど…。ワンピース1着ぐらいですかね…。

これが高いか安いかはしばらく試してからですね。

 

「野食喰い」は料理上手である─『野食のススメ』と『山賊ダイアリー』

 

ある本を買って読んでみようと思うきっかけは、ブログや書評などで紹介していたからとか、書店の店頭で見ていてなんとなく面白そうだったとかが挙げられると思います。

書店員である私が本を買う動機として最も信頼しているのは、お客様なんです。

私のような小説を読まない、ベストセラーにも興味のない人間が心動かされるのは、「地味だけどジワジワ売れている本」なんですね(笑)。

ということで「最近妙に売れている本を買って読んでみた」シリーズ、

今日は茸本朗さんの『野食のススメ』です。

f:id:eritoshi1005:20171025164226j:plain

帯の「野食を『やる』と地球を『思い出す』んですよ」というコピーにそそられました。

 

いきなり話は変わりますが、 

コミックの『山賊ダイアリー』が大好きな私。

現役猟師の岡本健太郎さんによる狩猟とジビエ喰い実録日誌です。

狩猟の場面もよいのですが、それ以上に面白いのが野草や昆虫、動物の糞、あげくに人間の◯◯まで(!!)なんでも食してしまうサバイバル技術が学べることでした。

山賊ダイアリー』が完結し、ロス気味な心を埋めてくれそうなのが『野食のススメ』です。

著者の茸本朗さんは東京在住でありながら近くの河川や海、はたまた路上で採取した野生食材をを見事に素敵な料理に仕上げます。

山賊ダイアリー』でほのかに感じていた「野食への憧れ」がますます強くなりました。

茸本さんのブログ「野食ハンマープライス」を拝見すると、それぞれ自分で獲ったものを調理して持ち込んで、みんなで食す「野食会」なるものが開催されていました。

野食ハンマープライス (←リンクです)

「野食会」に並んでいる数々の素敵な料理を見ていると気づいてしまいました。

 

「野食喰い」は料理上手であると。

 

みなさん手が込んでらっしゃる…!!

思えば『山賊ダイアリー』の岡本健太郎さんも獲物をスモークで燻したり、カレーに入れたり料理に色々なバリエーションがありました。

狩りというと私なんかは「よゐこ無人島0円生活」で濱口優が獲物をそのまま素揚げにしているイメージが強くて、野食とはワイルドなものだと思っていたのです。

『野食のススメ』では獲ったあとの下処理や下ごしらえまで丁寧に解説されています。

野食に憧れながらも、こんなに色々処理をしなければならないのかと物怖じしたのも事実。

野生の食材はこんなにも処理が必要なんですね。

逆にいうと、スーパーで買う食材は本来の姿から、かなりねじ曲げられているんだろうと思う。

 

野食の憧れは強いが、恥ずかしながら私は魚を捌いたこともなければ、揚げ物すらできないポンコツだ。

「野食への道」を進むためには、まず「料理上手」になることが先決のようです。

 

 

冷えとりファッション計画2017

 

最近、急に冷え込んできて、気づけばもう冬の気配を感じます。

この時期が一番「冷えとり健康法」をやっていて、楽しいと思うと同時に、ありがたいと感じます。

冷えとり健康法をはじめて丸4年が経ちましたが、年々体調も心の具合もよくなっている気がします。

今日は最近、冷えとりファッションで気づいたことを少し。

 

冷えとり用くつ下を新調する

1枚目の絹のくつ下はしょっちゅう破れるので、破れたら買い替えていますが、2枚目、3枚目となると買い替えるタイミングがありませんでした…(4枚目を履くと破れていることはわからないので)。

気がつくと3枚目(絹)が破れ、今年はついに2枚目(綿)が破れてしまいました。

さすがに破れ過ぎですね(汗)。

くつ下が破れていると肌触りもよくないし、くつ下が汗でべちょべちょになって気持ち悪い…。

ということでこれからは冷えとり本番になるこの季節にくつ下を新調しようと思います…。

f:id:eritoshi1005:20171018161331j:plain

やはり新しいくつ下は気持ちがいい……。

 
マタニティウェア万歳!

現在妊娠4ヶ月の私。

お腹が苦しくなっていたので、「無印良品」にマタニティウェアを買いに行ったんです。

購入したのはマタニティ用のレギンスと、

www.muji.net

マタニティ用のショーツです。

www.muji.net

いや、これが、マタニティ抜きにしても快適なことこの上ない!

レギンスはお腹の上まであって、暖かい。腹巻きが要りません。

腰にゴムはないので、マタニティじゃない人はゆるゆるかもしれません。

が、私は妊娠前から実は愛用していましたので、問題はないかと。

ショーツの方もお腹まで布があるので、お腹が暖かいし、ゴムがきつくないので楽ですね。

出産後もこのショーツを履きたいぐらい気に入ったのですが、見た目がね…。

こういうふうにして女性はおばさんになっていくのですね。

にしてもショーツに限らず、私たちは気づかぬうちに衣服に締め付けられている?

そして締め付けられているのが当たり前になっていたような気がします。

 

妊娠中は特に冷えとりを強化したいところなのですが、「白湯を飲む気がしない」とか「半身浴がなんとなくできない」とか気分的にできなくなることが多くなります。残念ながら。

今年は「頭寒足熱」、ファッションでカバーしていきたいと思います。

 

『三成さんは京都を許さない』を京都人はどう読むか

 

早いもので京都から東京に引っ越して丸2年が経つ。

自分では京都に対する郷愁や誇りなんてものはなく、実際に1度も京都に帰ったことはない。

ただ、「この店のラーメンをもう一度食べたい」とか「あの店のパンをもう一度食べたい、日帰りでいいから」と思うことはよくある。

食い物の恨みとは恐ろしいものだ。

それともこれが郷愁なのだろうか。

 

そんなノスタルジックになったときに読みたいのが『三成さんは京都を許さない』である。

三成さんは京都を許さない 1: -琵琶湖ノ水ヲ止メヨ- (BUNCH COMICS)

あらすじを簡単にいうと、現代にタイムスリップした石田三成滋賀県庁の職員となり、滋賀県の地位向上を果たすため、京都征伐を企てるという話。

石田三成大谷吉継が出てくるが、戦ものではなく、滋賀と京都の複雑な関係を描いたご当地コミックと思っていただければよい。

滋賀目線で描かれているので、滋賀の人しか知らない名物・風習・場所などが登場する。

Twitterを見ても滋賀の人が応援している印象。

京都の人から苦言が来ないのもある意味不思議…(だって「許せない」と言われているのに)。

京都の人はこのコミックをどう思うのだろう。

 

私は滋賀の大学に通っていたので、ある程度の滋賀のことには詳しい。

だから1巻の表紙に描かれているのは「大津パルコ」(滋賀の流行発信地)であり「滋賀県庁」であり「平和堂」(滋賀を本社とする総合スーパー)であることは分かる。

 

ご当地コミックは分かればおもしろいが、分からなければおもしろくない。

 

残念ながら京都の人は(お隣なのに)滋賀のことはよく分かってないし、興味もそんなにない。

『三成さんは京都を許さない』のサブタイトル「琵琶湖の水を止める」とは滋賀の人が京都の人によく言う切り札的言葉だ。

しかし本書にもあるように「京都の生活水はほぼ琵琶湖の水だがその管理は京都市が行っている」ので、京都人からしてみれば「じゃあ止めてみれば?」という感じなのである。

滋賀は「関西ヒエラルキーの底辺」、「琵琶湖ノ水ヲ止メヨ」とは所詮、滋賀の悪あがき、だから京都の人は滋賀の人に「京都を許さない」と言われても平気なのだ(むしろ余裕で笑うぐらいの)。

 

自分が京都人であることに誇りはないと思っていたが、関西ヒエラルキーの意識は心に深く刻み込まれているようだ。

思わぬところで自分のこころの闇を見てしまった気分である。

 

2巻も出ました。

 

Road to Birth③ 〜妊娠10~11週

 

「出産への道」記録3回目です。

 

フェニックス(仮)の10週目

CRL(頭からおしりまでの長さ)3.3cm

どんどん大きくなってきている。

エコーで見ると盛んに動いていた。

この頃になると赤ちゃんは羊水に覆われ、おしっこもし始める。

私は2人分の排尿をしなければならず、毎日真夜中に目が覚め、トイレに行く羽目に…。

 

私の10~11週目

10週の健診が終わると、健診は2週ごとから4週ごとになる。

とはいえ12週までは流産の可能性はとても高く、その間フェニックスが生きているのかが非常に心配だ。

フェニックスが生きている証となるのは「高体温」と「気持ち悪さ」だけなのである。

私とフェニックスをつなぐものが「気持ち悪さ」だけなのは心細い。

ようやくつわりが落ち着くときであるのに、気分がスッキリしているとそれはそれで不安になる。

(食べたいものに関してはだけど)食欲も戻りつつある。

しかし妊娠前ぐらいは食べているのに、体重が一向に増えず、むしろ減ってきているのはなぜだろう。

妊娠前から3kgも減っている…が、ネットなどでみると5kgくらいは減るものだと書いてあるので、多少は高カロリーのものを食べても大丈夫だろうと勝手に思っている。

 

最近気になっていた川上未映子さんの『きみは赤ちゃん』を読んでいる。

f:id:eritoshi1005:20171004172304j:plain

川上未映子さんのエッセイはけっこう好きで、『乳と卵』もおもしろく読んだ。

今はもう手元にはないのだが、「生理用ナプキンをはじめて使うとき、よくわからなくて表と裏を反対にしてしばらく装着していた」という強烈なエピソードをよく覚えている。

そんな感じで赤裸々なところがおもしろい。

そして当事者となってしまった今「これからこうなっていくのね」とリアルに勉強になる。

川上未映子さんは13週で「出生前診断」(赤ちゃんに異常がないかを検査すること)を、そして出産のときは「無痛分娩」(陣痛の痛みがほぼないお産)を選んでいる。

私も「出生前診断」を受けようとしていて、出産は「計画出産」(人工的にこの日に生みます!ってやつ)にしようと思っている(この話はのちに)。

この話は夫婦で話し合って決めたことだけれど、親やまわりの人には言いづらい。

「お腹を痛めて生んだ我が子が愛おしい」みたいな「痛み信仰、自然分娩信仰」が社会のムードとしてなんとなくあると川上未映子さんは言う。

「ああ、それにしても。出産にまつわることで、ひとつでも多く、妊婦に可能な選択肢が増えてほしいなと思う」

これには本当に同感する。

その人らしいお産を選べるような時代になることを切に願います。

 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in