Hitorikaigi Journal

読書が本からkindleに変わった書店員の一人会議録

若林がキューバへ行った理由─『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』

 

オードリーの若様こと若林正恭さん(以下「若林」)がいつの間に新刊を出していた。

その名も『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』。

 

f:id:eritoshi1005:20170726153356j:plain

 

何となく買って読み進めるうちに、これはとんでもなく面白いぞと気づいて、最後にはなぜか泣けてきてしまった。

 

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』(略して「表カバ犬」というらしい…)は、若林が5日間キューバへ一人旅に行ったエッセイ。

最大の謎はなぜ「キューバ」なの?であり、そこがこの本の重要なところである。

理由が出てくる箇所は4つあったが、読み進めるうちに真実が明らかになっていく。

 

始めにキューバへ行く理由が出てくるのは、旅行代理店のお姉さんに尋ねられたときだ。

「アメリカとの国交が回復して、今のようなキューバが見られるのも数年だと聞いたから」とテレビ番組のナレーションの内容をそのまま答えている。

 

ところで日本は資本主義国家であるが、最近世界は「新自由主義*1

「勝ち組」「負け組」「格差社会」という言葉が使われるようになったのもその頃からだそうだ。

「大企業に就職して出世したい。ブラック企業では働きたくない」

「スペックの高い人と結婚したい」

「インスタでよりよい自分を演出して、素敵な人だと思われたい」

そうなれない自分を卑下したり嘆いてみても、結局は人間がつくったシステムの中のこと。人間がつくったシステムの中で私たちは苦しんでいるに過ぎない。

「とにかく、このシステム以外の国をこの目で見てみない気がすまない。」

ということで社会主義国家であるキューバを選んだ。これが2つめの理由。

 

 3つ目はキューバ滞在中、ガイドをしてくれたマリコさん(キューバ在住の日本人)にキューバに来た理由を聞かれて「広告がない街を見たかったからです!」と答えている。

「表カバ犬」はニューヨークに行ったときのことから始まり、ニューヨークの広告からは「やりがいのある仕事をして、手に入れたお金で人生を楽しみましょう」と絶えず言われている気がした、とある。

つまり広告は新自由主義の象徴として書かれている。

一方、社会主義キューバには広告の看板がない。

 

そして最後にもうひとつキューバへ行く理由があったのだが、これはぜひ本で読んでいただきたいので伏せておきます。

 

前作『社会人大学人見知り学部 卒業見込』といい、相変わらずタイトルのセンスがいい。

言葉選びのセンスがいいことは、以前『世界は言葉でできている』というテレビ番組でもよく知っていたが、例えば「笑っているようで、目が舌打ちしている」とかなかなか鋭い。

 

*1:資本主義下の自由競争を重んじる考え方。国家による福祉、公共サービスの縮小、大幅な規制緩和市場原理主義を重視する思想」に移行しているらしい。

インターネットにない情報を得ること─『多動日記』と『ストリートワイズ』

 

f:id:eritoshi1005:20170719002629j:plain

高城剛さんの『多動日記』に「ミッシングパーツ」という言葉が出てきます。

この言葉に思うことがあったのですが、個人的な気づきをブログに書いたところで、ピンと来ない人がほとんどだろうと思いつつ…書いています。

 

『多動日記』で興味深かったのが、例えばドラッグなどを大量に取引する「ブラックな卸売りセンター」の話。

住宅街にひっそりとあるらしいのです。

看板を出すわけにはいかないので、目印として「靴が片方だけ干されてい」たり、見張りは「風景を描いている画家」だったりするのだそう。

このような話は、マスメディアはおろか、インターネットに載ることもありません(『多動日記』は大手出版社からの出版を断られ、kindle版のみ販売)。

 

マスメディアやネットで知り得る情報はほんの一部であり、真実は往々にして隠されるものです。

点在している情報をつなぐピースになるのが、インターネット上では絶対に得ることができない「ストリートで入手」あるいは「拾う」情報のことなのです。

高城さんはそのような情報を「ミッシングパーツ」と呼んでいます。

 

「あれ?」と思って、読み返したのが1997年に出版された坪内祐三さんの『ストリートワイズ』でした。

『多動日記』のちょうど20年前の本になります。

この本は私の人生を変えた本BEST10には入るであろう本で、内容自体は本エッセイです。

内容は理解できなかったけれども、当時の私は「ストリートワイズ」という言葉そのものに惹かれたのでした。

「ストリートワイズ」は直訳すると「街の賢者」。「街の住人《貧民・浮浪者・犯罪者など》の事情に通じた、都市生活の心得のある、土地鑑のある」という意味。

坪内さんはそれをさらに「街をさ迷い歩いていくうちに出会った知識や知恵のこと。自分の直感を信じアクションを起こすことで偶然出会うもの」と解釈しています。

 

書かれた時代は違えど、本当に重要な情報は「インターネット上」にも「地図やマニュアル」にもないのです。

それはきっと書いたり、伝達できるものではなく、言葉にできない「理解する」ようなものかも知れません。

 

最近スマホのおかげで、目的地まで迷うことなくたどり着くことができるようになりました。

まだインターネットには載ってないことを知りたいと思うなら「街をさ迷う」とよいのかもしれません。

価値の高い情報は、インターネットがいくら大きくなってもインターネット上には書かれないのですから。

 

よければこちらもどうぞ。

www.hitorikaigi.net

 

 

まったりする旅番組が好き!─おすすめ旅番組

 

昔は自称「テレビっ子」だった私も、歳のせいか、時代のせいか、テレビに刺激を求めなくなりました。

家でご飯を食べるとき無音では寂しいので付けているもの、それがテレビ?

私がテレビに求めるものは、食事の邪魔にならない「まったり感」でしょうか。

 

気がつけば毎週録画しているのが旅番組ばかりです。

日本を旅している番組(ロケ番組)は「おいしい〜!」「すごい〜!」「キレイ〜!」の連呼なので観ません。

旅とは当たりもあればハズレもある。

すべて当たりなんてあるわけがありません。

ハズレもあるから旅は楽しいのです。

ということで観るのはもっぱら海外の旅番組になりまして、

私が今レギュラーで観ている番組を厳選して紹介します。

キーワードは「まったり感」で。

 

「2度目の旅」シリーズ

「誰もが知ってる観光地を2度目に旅するならどう過ごすか」を紹介する番組。

有名なスポットはスルーして、地元っ子しかいない穴場へ。はたまた電車に乗って少し遠く場所へ…など「こなれた感」がいい。

ナレーションは室井滋さんで、「食べ人」としてレポートする若手俳優さんとの掛け合いもテンポ良く楽しい。

毎回「3日で5万円」など、日程とおこずかいが決められています。

おこずかいの使い道にツッコミたいことがよくありますが、それもまた旅の醍醐味ということで。

www4.nhk.or.jp

 

7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート

毎週、さまぁ〜ずに絶対に来てほしいと名乗りを上げるビーチを紹介する番組。

ビーチの砂、海の透明度、水温、ホテルのシャワーの水圧やベッドの匂い(いらないけど)など細かいところまでチェックしてくれるのがいい。

時々さまぁ〜ずも現地でレポートをするのですが、私が好きなのは「ナイーブ大竹の現地リアル調査」。

大竹さんが単独で地元のレストランや夜市に行って「この水は大丈夫か?」「お皿がベトベトしてないか」など神経質ならではのレポートを繰り広げます(笑)。

リゾートホテルよりもこっちの方がリアルで好きなので、「ナイーブ大竹」またやってほしいなあ。

www.tbs.co.jp

  

東野・岡村の旅猿〜プライベートでごめんなさい〜

こちらはゲストによって観たり観なかったりなんですが。

どんなに仲のいい人と旅をしても、必ず小さな小競り合いってありますよね。

旅に失敗は付き物だし、移動で疲れますし。

そういう「変な空気」もしっかりと放送して、むしろそれを売りにしているのが「旅猿」なのです。

www.ntv.co.jp

 

クレイジージャーニー

もはや旅番組ではありませんが、好きなのでこれも入れます。

独自の視点やこだわりをもった「クレイジージャーニー」を毎週紹介しています。

番組名通り「クレイジー」な人ばかり登場します。

世界にはいろんな生業があって、自らよろこんで危険なことに挑戦する人がいます。

人間の好奇心ってすごいわ〜。

冒頭で書いた「まったり感」とはかけ離れていますが(笑)、怖いものみたさで毎週観てしまいます。

 

www.tbs.co.jp

 

一口に「旅番組」と言っても色んな切り口があります。

数え出したらキリがなく、今回紹介したのもほんの一部です。

これからもご飯のお供にいい「まったり」とした番組を探し続けます。 

平日に一人でスーパー銭湯に行く幸福─pha「ひきこもらない」

いまphaさんの『ひきこもらない』を読んでいます。

 

pha(ファ)さんは大学を卒業して就職するも「普通の平穏な暮らしが致命的に無理」で会社を退職。

以来、職には就かず10年以上ふわふわと生きています。

とはいえ『ニートの歩き方』の他たくさんの著作があり、「普通の幸せ」とは違う新しい生き方を提案していらっしゃいます。アクティブなニートの方と言えます。

 

私は『ひきこもらない』の「移動時間が好きだ」パートが特に好きで、

「高速バスで名古屋のサウナに行くだけの旅」とか「青春18きっぷで知らない街に行ってみる旅」というような目的がない旅の良さにすごく共感します。

 

旅行は、観光地や絶景やおいしい食べ物がセットです。

それは誰かと一緒に行くから楽しいのであって、「目的がない」一人旅に求めるものは「単なる日常からの距離」や「一人になれること」だったりします。

 

ところで私は結婚して1年になりますが、一番変わったことは、自分の時間がなくなったことだと感じています。

独身のときは休日=自分の時間だったのに。

だからときどき「一人(孤独)になりたい!!」と思うことがあります。

かといって一人で家にいると雑念が多すぎて、結局ネットやテレビを見て終わってしまう。

移動時間を楽しめるほどの移動している時間はない。

とにかくちょっとだけ日常を離れ「非日常」を味わいたい。

私のそんなささやかな願いを叶えてくれるのが「近所のスーパー銭湯に一人で行く」ことだったりします。

 

f:id:eritoshi1005:20170705155743j:plain

 

平日のスーパー銭湯は人が少なく、ほとんどがお年寄りです。

一人でお風呂に入って何が楽しいの?何を考えるの?という人がいるかもしれません。特に何も考えずぼーっとします。

昨日の仕事のミスを思い出したりしますが、泡風呂の泡のようにやがて消えていきます。

露天風呂に腰までつかり、のぼせそうになったら、近くにあるデッキチェアで涼みます。

裸で寝転んでいると、心地いい風が吹いてきます。

「屋外で裸のまま堂々と寝転べるのはヌーディストビーチか露天風呂くらいではないだろうか」などと考えながら。

このように自分のペースで思うままにお風呂を楽しみます。

 

お風呂から上がるとスーパー銭湯に併設されている食堂でうどんを食べて帰ります。

移動は最寄りの駅からシャトルバスが出ているので非常に楽ちんです。

 

家以外で「ゴロゴロできて」「一人でいても怪しくない」場所はそんなにないように思います。

スーパー銭湯は私にとって小さな楽園なのです。

怖いのは一人でスーパー銭湯に行き過ぎて、「非日常」が「日常」になってしまうことです。

「非日常」は「時々」にしておいた方がよいですね。

「よまにゃ」と夏の文庫キャンペーン2017

f:id:eritoshi1005:20170628114145j:plain

今年も新潮文庫・角川文庫・集英社文庫と、夏の文庫キャンペーンが出揃いました。

近年においては特に目新しさもなく、景品はショボくなる一方で、特にワクワクするようなこともなく、積み上げられた段ボールにげんなりするだけでした。

が、今年は集英社文庫のキャラクターが、みつばちの「ハチ」からネコの「よまにゃ」に交代したようで、ちょっと色めきました。

www.youtube.com

か、かわいいやんけ、おまえ……!

本屋に住んでるところが新潮文庫の「キュンタ」に似ているような気もしますが、「キュンタ」はロボットなので、本屋のおじいさんに本のことを教えてもらって成長していきます。

一方「よまにゃ」はすでに毎日本をおすすめできるくらいの知識を持っているらしいです。

恐ろしいネコやで……。

 

ここで気になるのは、一体誰が「よまにゃ」をつくったのか。

調べてみると「Noritake」さんという方のようです。

noritake.org

不勉強ながらNoritakeさんのことは初めて知ったのですが、お仕事の一覧を見て仰天。ほとんどの方が目にしたことがあるでしょう。

例えば、書籍だけでも、

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉

こちらや、

「本をつくる」という仕事 (単行本)

これも!

女子の人間関係

「最近、こういうシンプルなイラストの装丁多いな」と思ったらほとんどがNoritakeさんのお仕事でした。

これだけ売れっ子さんのキャラクターならかわいいのも当然ですね。末永く「よまにゃ」が活躍することを願います。

 

さて、気になる3社の景品はどうなっているのでしょうか。

新潮文庫の100冊」を1冊買えば「二つおりキュンタしおり」がもらえます。

f:id:eritoshi1005:20170628121213j:plain

角川文庫の「カドフェス2017」は1冊買うとブックカバーがもらえます。

今年は「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」と「メアリと魔女の花」のブックカバーがありますが、こういうのはだいたい最後まで残るものです。

堅実に「かまわぬ」のブックカバーからなくなるんだよね。

f:id:eritoshi1005:20170628121249j:plain

 

そして集英社文庫の「ナツイチ」は去年の謎の「パッチンバンド」から一転、(角川文庫と同じく)「よまにゃ」のブックカバーがもらえます。

f:id:eritoshi1005:20170628122751j:plain

出たばかりの新刊「教団X」を買ってブックカバーを早速ゲットしてしまいました。

うう、かわいい…!

f:id:eritoshi1005:20170628122849j:plain

ただ、ブックカバーの素材は、厚めの紙なので、分厚い「教団X」を読み終わるころにはボロボロになっていると思いますけど☆

 

家の本棚がお店になれば?─「Usagi Books」の方向性

 

BASEで「Usagi Books」をつくってからもう2ヶ月ほどになります。

おかげさまで一定数のPVはあるのですが、お買い上げには至らず…。

個人で、片手間にやっているものなのでこんなものだろうとは思ってましたが、どうせやるなら少しでも売れてほしい。

 

本のページを折る、本文に線を引くなどの読んだ人の「痕跡がある本」。タイトルと内容を伏せて「POPだけで買う本」など変な古本を販売しています。

これは「Usagi Books」のプロフィール文です。

このような「変な古本」をアップするには労力が必要で、なかなか販売点数が増えません。

「痕跡のある本」は西野亮廣さんの「しるし書店」に習ってやってみたのですが、店主がわからない「しるし本」だけを売るのは難しいようです。

『タイトルと内容を伏せて「POPだけで買う本」』も店主の信頼がなければ難しいそうです。

つまり商売とは「信頼」なのだ!と当たり前のことに気づきました。

顔も商品も実際に見れないネット書店で信頼をつくるのは並大抵ではありません。

そこで自分が本屋をつくったら何をしたいか原点に立ち返ることにしました。

 

そもそも増え続ける本をなんとかしたいと立ち上げた「Usagi Books」。

本を売りたいだけならブックオフに行けばいいんですが、「そうではない」というのが出発点でした。

いらない本を売るだけ(消費)ではなく、買った人とコミュニケーションできるようなこと(生産)をしたかったのです。

 

私は本屋で一番楽しい仕事は、いろいろな本をジャンル・年代・著者関係なく、独自のカテゴリーに分類し、つながりを提示することだと思っています(これこそ編集だ)。

いらない本だけだと、それがうまくいかない。

だったら家にある本棚を全部在庫にしてしまおう!

コンセプトは「私の本棚」です。ここには私が「いる本」も含まれています。

 

さらに一般のサイトだと商品のコメントは商品内容や状態が中心になりますが、ここではもっとパーソナルな感想を載せたいと思っています。

言うなれば、友達が家に遊びにきて、本棚から興味のある1冊を抜き出したときに言いたいこと、みたいな。

 

新しい方向性が決まったところで、ぼちぼち更新していきますので、

お暇なときにご覧くださいませ。

 

usagibooks.thebase.in

 

再販制度が壊れた後の世界─「本の未来を探す旅 ソウル」から学ぶこと

 

最近読んだ本が内沼晋太郎さん(編著)の「本の未来を探す旅 ソウル」。

この本、出版社からの注文書が来たときから気になっていた。

なぜって他の国の本屋事情を知る機会はあまりないじゃないですか。

「誠品書店」がある台湾なら分かるけど韓国に「本の未来」なんてあるの?って思っていた。

f:id:eritoshi1005:20170613083249j:plain

 ところがどっこい、

韓国ではいま、個性的な小さい書店が毎週のように生まれている「独立書店ブーム」真っ只中。

さらに大手の出版社にいた人が「ひとり出版社」をつくって独立し、おもしろい本をどんどん出版しているらしい。

お隣の国のことなのに全く知らなかった!

 

日本と韓国の本屋をとりまく環境についてまとめてみよう

日本と韓国の流通は大きくは変わらない。

基本的には委託販売(返品ができる)で、日本の「再販制度」(小売書店で定価販売ができる)のような「図書定価制」がある。

しかしつい最近まで18ヶ月以上たった既刊は割引ができた。そのため小さな街の書店は競争についていけず、たくさんの書店や出版社が消えることになった。

このとき韓国の出版は「一度滅んだ」と言われている。

そんな最悪の状況から制度が見直され、本の割引率がは10%までと定められたのが2014年。

小さな書店でも戦えるようになり、「独立書店ブーム」のきっかけとなった。

日本と違うところといえば仕入れだ。

独立書店の多くは出版社と直取引をしており、取次は通していない。

そもそも韓国には大きな取次がなく、大きな書店でも取次を通さず、出版社と直取引をするようだ。

日本で新刊書店をはじめるなら取次との契約は必須だ。

講談社集英社が直取引をしているなんて話は聞いたことがない。

そして売れる本の配本数は取次次第となってしまうのが日本の現実…。

 

本の定価がなくなり「一度滅んだ」韓国の出版業界。

日本も「再販制度」がなくなれば、戦力のない本屋は滅び、地方の街には本屋が一軒もないという状況が当たり前になるだろう。

なぜ韓国の人たちは滅んだ世界でもう一度書店をつくろうと思ったのだろう。

「独立書店」のフロントランナーである「THANKS BOOKS」のイ・ギソプさんはこう言う。

「オーナーたちはお金をたくさん稼ごうというマインドじゃなくて自分の身の丈にあった経済の範囲で自分がやりたいことをやりながら文化的役割をも果たしていました」と。

文化的役割、お金にはならないが、これこそ書店の魅力であり、街から消してはいけないものなのだと思う。

 

日本も「書店は洛陽産業だ」という前に韓国に学ぶことがたくさんあるみたいだね☆

 

 

本屋さんをはじめました

usagibooks.thebase.in